日本人の論語(上) 『童子問』を読む 電子書籍 読むなら ブックライブ 試し読み


日本人の論語(上) 『童子問』を読む無料試し読みコーナー


江戸初期の儒学者、伊藤仁斎は、学問とは知識の競い合いではなく、人間性の修練であると唱えた。そして、『論語』『孟子』の精髄を読み抜き、日本人の感性に即した儒学を、師と弟子の問答形式を用いて叙述した。それが『童子問』である。本書は、全百八十九章から成る『童子問』を現代人が読みこなせる言葉に訳し、さらに要諦を解説する。仁斎は儒学を支那から取り寄せ、そのままを暗唱するのではなく、儒学の真髄を把握したいと考えた。儒学の目的は人間の生きるべき道を深く学び、それを実践する強い意志であることを悟り、これこそが、本来の学問であるという信念を持った。仁斎の出現により儒学は輸入学ではなく、日本人が人生の生き方を社会生活の中で、工夫する手立てとなったのである。仁・義・礼・智とは何か。人間関係の心得とは何か。人生における永遠のテーマを、親しみと温かみをこめて、諄々と説く。古典の碩学が、老若男女すべてに贈る、普遍の人間学。
続き・・・



日本人の論語(上) 『童子問』を読む無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪

日本人の論語(上) 『童子問』を読む

「公式」はコチラから



日本人の論語(上) 『童子問』を読む


>>>日本人の論語(上) 『童子問』を読むの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本人の論語(上) 『童子問』を読む評判


BookLive!(ブックライブ)の日本人の論語(上) 『童子問』を読む支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも日本人の論語(上) 『童子問』を読む電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも日本人の論語(上) 『童子問』を読むの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも日本人の論語(上) 『童子問』を読む支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、日本人の論語(上) 『童子問』を読むの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい日本人の論語(上) 『童子問』を読むが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな日本人の論語(上) 『童子問』を読む電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)日本人の論語(上) 『童子問』を読むあるある


サービスの具体的な中身に関しては、運営会社毎に違います。従いまして、電子書籍を何所で買い求めるかというのは、比較しなくてはいけないと言っていいでしょう。安直に決めてしまうのは良くないです。
コミックや本を購入する際には、ざっくりと中身をチェックしてから決定する人の方が圧倒的多数です。無料コミックなら、立ち読みと同じ感覚で中身を確認することが可能です。
「部屋の中に置き場所がない」、「所有していることをバレたくない」と思わざるを得ない漫画でも、BookLive「日本人の論語(上) 『童子問』を読む」を賢く利用することで一緒に暮らしている人に内密にしたまま読めます。
本を通販で買う時には、総じて表紙とタイトル、それにざっくりとした内容しか確かめられません。けれどもBookLive「日本人の論語(上) 『童子問』を読む」でしたら、数ページ分を試し読みで確認できるのです。
月額の料金が一定のサイト、登録をせずに利用できるサイト、1冊ずつ買い求めるサイト、無料のコミックが多数揃っているサイトなど、コミックサイトも何かと違う点が見受けられますから、比較することをおすすめします。




日本人の論語(上) 『童子問』を読むの詳細
                   
作品名 日本人の論語(上) 『童子問』を読む
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本人の論語(上) 『童子問』を読むジャンル 本・雑誌・コミック
日本人の論語(上) 『童子問』を読む詳細 日本人の論語(上) 『童子問』を読む(コチラクリック)
日本人の論語(上) 『童子問』を読む価格(税込) 730円
獲得Tポイント 日本人の論語(上) 『童子問』を読む(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)