日本人の論語(下) 『童子問』を読む 電子書籍 読むなら ブックライブ 試し読み


日本人の論語(下) 『童子問』を読む無料試し読みコーナー


伊藤仁斎は、儒学を支那(チャイナ)から取り寄せた輸入学ではなく、日本人のための人間学に転換させた最初の人物である。仁斎が著した『童子問』には、わが国の儒学の独創性が随所にちりばめられている。本書は、その『童子問』を現代語に訳し、さらに要諦を解説した一大労作。下巻では、<巻の中・第二十一章>以降を収録する。君主の人徳、倹約の心得、賞罰の判断はいかにあるべきかを唱える。例えば、次のような訓戒が並んでいる。「生まれた時代が悪いと嘆く者は仁者ではない」「文が武より上であれば、王の地位は安泰である」「師の道とは、人材を育てあげる努力である」「反省は自らを磨く砥石である」「自力で手に入れた智恵は、一生の財産になる」「学問を極めた人は相手を非難しない」「智者は無理をせず、自然の流れに従う」等々。人の世を処する智恵について、三百年後の現代人にも多くの示唆を与える。我が国独自の儒学について、古典の碩学があまさず語る。
続き・・・



日本人の論語(下) 『童子問』を読む無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪

日本人の論語(下) 『童子問』を読む

「公式」はコチラから



日本人の論語(下) 『童子問』を読む


>>>日本人の論語(下) 『童子問』を読むの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本人の論語(下) 『童子問』を読む評判


BookLive!(ブックライブ)の日本人の論語(下) 『童子問』を読む支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも日本人の論語(下) 『童子問』を読む電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも日本人の論語(下) 『童子問』を読むの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも日本人の論語(下) 『童子問』を読む支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、日本人の論語(下) 『童子問』を読むの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい日本人の論語(下) 『童子問』を読むが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな日本人の論語(下) 『童子問』を読む電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)日本人の論語(下) 『童子問』を読むあるある


「電子書籍が好きになれない」という方も少なくありませんが、一度でもスマホを利用して電子書籍を読んでみれば、その便利さや購入までの簡便さからリピーターになってしまう人がほとんどだとのことです。
漫画や書籍は、本屋で中を確認して買うことにするかどうかを決める人がほとんどです。けれど、ここ最近はとりあえずBookLive「日本人の論語(下) 『童子問』を読む」で1巻だけ読んで、その書籍を買うのか否かを決める人が増えているとのことです。
電子書籍も普通の本と同じで情報が商品ということになるので、内容が微妙でも返品に応じて貰えません。なので自分に合うかを確認するためにも、無料漫画を読む方が良いでしょう。
物を溜め込まないという考え方が大勢の人に受け入れられるようになった近年、漫画本も書物形態で持たずに、BookLive「日本人の論語(下) 『童子問』を読む」を通して愛読するという人が増え続けています。
「電車やバスに乗っていて漫画を取り出すのはためらってしまう」と言われるような方でも、スマホ自体に漫画を入れておけば、人目を気にする必要がなくなると言えます。こうしたところがBookLive「日本人の論語(下) 『童子問』を読む」の人気の理由です。




日本人の論語(下) 『童子問』を読むの詳細
                   
作品名 日本人の論語(下) 『童子問』を読む
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本人の論語(下) 『童子問』を読むジャンル 本・雑誌・コミック
日本人の論語(下) 『童子問』を読む詳細 日本人の論語(下) 『童子問』を読む(コチラクリック)
日本人の論語(下) 『童子問』を読む価格(税込) 730円
獲得Tポイント 日本人の論語(下) 『童子問』を読む(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)