友へ 電子書籍 読むなら ブックライブ 試し読み


友へ無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。この本の作者は小学生だろうか。それとも中学生?男のようでもあり、女のようでもあり、変だなぁ、と思った人がいるかも知れません。じつは、作者のわたしは男です。それも五十歳なかばを過ぎています。ところが、わたしの中には、田舎に生まれ育ったかつての少年が、今も生きていて、それが「わたし」になったり「ぼく」になったりして、見たことや感じたことをみなさんに語りかけたのがこの本です。書名を「友へ」としたのもそのためでした。この本を読んで、詩も案外おもしろいな、と思っていただけたらうれしい限りです。もし、この本がきっかけになって、みなさんの身のまわりのものが、今までより少しでも新しく見えるようになったら、もっとうれしく思います。そのような楽しい詩を、これからも書いていきたいと思っています。どうかみなさんも応援してください。
続き・・・



友へ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪

友へ

「公式」はコチラから



友へ


>>>友への詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)友へ評判


BookLive!(ブックライブ)の友へ支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも友へ電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも友への料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも友へ支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、友への冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい友へが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな友へ電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)友へあるある


手にしたい漫画はあれこれ販売されているけど、買ったとしても収納する場所がないという人もいるようです。そういったことから、保管スペースを全く考えずに済むBookLive「友へ」の評判がアップしてきたというわけです。
ここのところ、電子書籍業界では従来にない斬新な「読み放題」というプランが誕生し注目を集めています。1冊単位でいくらというのではなく、1ヶ月いくらという料金徴収方法を採っているのです。
本や漫画などの書籍を買う際には、中身をざっくりと確認してから判断する人が大半です。無料コミックなら、立ち読みのような感じで中身に目を通すことが可能なのです。
多種多様の本をいっぱい読むという読書マニアにとって、何冊も購入するのは経済的な負担が大きいものと思われます。だけど読み放題を利用すれば、書籍に要する料金を減らすことができてしまいます。
スマホで閲覧することができるBookLive「友へ」は、外出する時の荷物を極力減らすのに役立つと言っていいでしょう。バッグやリュックの中に本をたくさん入れて持ち運んだりしなくても、いつでも漫画を読むことが可能になるのです。




友への詳細
                   
作品名 友へ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
友へジャンル 本・雑誌・コミック
友へ詳細 友へ(コチラクリック)
友へ価格(税込) 378円
獲得Tポイント 友へ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)