安倍政権 365日の激闘 電子書籍 読むなら ブックライブ 試し読み


安倍政権 365日の激闘無料試し読みコーナー


アベノミクス、消費増税、対中外交……、決断の裏側で何が起こっていたのか!?主要メディアが伝えないインサイドレポート。第1次政権時の安倍首相は自ら旗振り役となって突き進んだ。だが、現在の安倍氏は常に最終判定者であることを心掛けている。そのためには、菅官房長官と麻生副総理兼財務相の2人のお膳立てが不可欠である。主要政策すべての判断の際、この二等辺三角形の役割分担が機能して、成功してきた。アベノミクス(安倍政権の経済政策)の「3本の矢」策定、黒田東彦日本銀行総裁人事(異次元の金融緩和)、価値観外交による中国包囲網確立とエネルギー資源外交による中東・アフリカ歴訪、国際オリンピック委員会(IOC)総会での2020年五輪の東京招致成功、消費税率8%への引き上げ(復興特別法人税廃止前倒し)表明、減反決定など農業改革と薬認可自由化など医療改革(岩盤規制改革)――。このような決断で安倍首相は最終判定者であり続けた。これが、今の安倍スタイルなのだ。(本書「序文」より)【主な内容】●なぜ、安倍1強時代が生まれたのか●外交分野のお手本は祖父・岸信介元首相の「自主外交」か●アベノミクスが引き起こす財務省の地殻変動●安倍・金正恩会談の布石か!?~飯島勲内閣官房参与の北朝鮮訪問が意味するものとは●特定秘密保護法案を参院に送った安倍政権には中国の防空識別圏設定は“使える”道具に過ぎなかった!
続き・・・



安倍政権 365日の激闘無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪

安倍政権 365日の激闘

「公式」はコチラから



安倍政権 365日の激闘


>>>安倍政権 365日の激闘の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)安倍政権 365日の激闘評判


BookLive!(ブックライブ)の安倍政権 365日の激闘支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも安倍政権 365日の激闘電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも安倍政権 365日の激闘の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも安倍政権 365日の激闘支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、安倍政権 365日の激闘の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい安倍政権 365日の激闘が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな安倍政権 365日の激闘電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)安倍政権 365日の激闘あるある


最近はスマホ経由でエンジョイできる趣味も、一段と多様化が進んでいるようです。無料アニメ動画の他、無料電子書籍やすぐ遊べるスマホゲームなど、バラエティー豊かな選択肢の中から選べます。
普段使っているスマホに全部の漫画をダウンロードすれば、本棚の空き具合について心配する必要が皆無になります。初めは無料コミックから読んでみると良さが理解できるでしょう。
コミックブックと言えば、「少年少女向けに描かれたもの」というイメージがあるのではありませんか?ですがこのところのBookLive「安倍政権 365日の激闘」には、50代以降の方でも「懐かしい」と口にするような作品も豊富にあります。
使っている人が急増しているのが、このところのBookLive「安倍政権 365日の激闘」です。スマホ画面で漫画を見ることが簡単にできるので、かさばる単行本を持ち運ぶ必要もなく、手荷物の軽量化が図れます。
サイドバックなどを持たない主義の男の人にとって、スマホで無料電子書籍に熱中できるというのはとても便利です。分かりやすく言うと、ポケットの中に入れて書籍を持ち歩けるわけです。




安倍政権 365日の激闘の詳細
                   
作品名 安倍政権 365日の激闘
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
安倍政権 365日の激闘ジャンル 本・雑誌・コミック
安倍政権 365日の激闘詳細 安倍政権 365日の激闘(コチラクリック)
安倍政権 365日の激闘価格(税込) 1296円
獲得Tポイント 安倍政権 365日の激闘(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)